読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixiみんなの日記『伊勢むくの日記』(イラストレーター)

第81回郵政永年功労表彰受賞記念ロングホームページ mixiみんなの日記『伊勢むくの日記』(霊能力者)からの転載になります!(国家資格博物館学芸員取得中確定)

mixiみんなの日記 伊勢むくの日記(9/2)大爆発

f:id:mukuise37:20160904003118j:plain

 

若い日の、地方の同人誌展示即売会のことを思い出して心乱している
漫画家の伊勢むく本人です。

今日の日記は、僕にしてみればどうでもいい私文です。
しかしながら、読んでいる少なからずいる日記読者からすると
明らかに公文。誰でも知っている漫画家だからです。
若い時には、単なる学生ですけれどね。
拗ねているわけではなく、マジギレするほど嫌な思いです。

僕ね、同人誌展示即売会で、嫌な思いしかしたことないんです。
一番嫌なのが、「挨拶回り」です。
とても若い時に、地方の小さな同人誌展示即売会に同席して
嫌な思いをしたからです。
僕、どうしても、気が合わないんですよ。

いつも、いつもなんだけれど
僕だけ、有料なんです。

俺ね。委託の売り子って、嫌いなんです。
本当に、嫌いなんです。

もともと知り合いなんで、先に有料購入しているんです。
で、僕だけ渡さないんですよ。本を。

本人には言っていないんです。

どうしても、東京のイベントに上京して会う気が無くなりました。
もちろん、漫画は好きだから、本は購入します。
同人誌展示即売会に行きたくないです。

俺、もう二度と同人誌展示即売会に行かないからね。

執筆者に俺がいる同人誌は、無料だから気が合う。
原稿料だと思う。

すごく、気が熱い。ちょっとイライラしている。
俺もうね、売り子と会いたくない。
二度と顔見たくない。


それはそうと、数日、深夜に出かけたら
噂が流れていて、驚きました。
内容は、非常に緻密なもので、若い時に僕が囲い者にした女の元に通っている。
そういった噂でした。
正直、そういったことはないです。
仮にそうだとしても、僕しか愛さないとしたら、僕の女でしょう。
深く考えないで、よろしいのではないでしょうか。

ちょっと、イライラしているので
風呂に入って就寝します。
霊能どころではない。

(漫画家伊勢むくの日記は、神界通信より)