読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixiみんなの日記『伊勢むくの日記』(イラストレーター)

第81回郵政永年功労表彰受賞記念ロングホームページ mixiみんなの日記『伊勢むくの日記』(霊能力者)からの転載になります!(国家資格博物館学芸員取得中確定)

mixiみんなの日記 伊勢むくの日記(3/7) 漫画を読む前に

f:id:mukuise37:20160329220621j:plain

今日の日記は、時間が不規則で、午後の4時頃に書いています。
渋い、日本茶を飲みながら
一息ついて。
日記を書き始めました。

漫画の本棚を、総入れ替えした話はかねての日記で記載しました。(約8万円)
若い時に、雑誌やコミックスで一通り読んだ作品です。
もう一度、全てのコミックスを読むのが自習です。

若い時に、毎日毎日、漫画を読んで
たくさんの雑誌を購入し、読みました。
僕の実名は、懸賞のコーナーや、読者投稿コーナーでは
たくさんの漫画関係者、及び、読者の間では
もう、お馴染みの名前でした。

若い時とは、小学校です。

新人作家の仲間入り
そういえば聞こえは良いですが
筆名の『伊勢むく』は
まるきり別人で入ったようです。

政府官報での、実名の登録掲載では
ぞ~っとするほど、驚いて
そのまま、わかりました、と入れたようです。

僕の、漫画家人生は
新しい名前で始まりました。

様々な思いが、走馬灯のように蘇ります。
僕の手に取った雑誌。
そういったものが殆どです。

僕は、その雑誌に載っていた名前を、
一生忘れることはありません。
僕は、何度も、読み直しました。

開いた口がふさがらない。
僕は、今でも、漫画を愛しています。


さてと、今日も、霊能の話などを。
昨日記載した、「オーラ強化法」については
子供を丸洗いしたら、確かに、目立ちます。
そういった話などを聞き、科学では解明されていないが
確かに、オーラはあるようです。
そういった実感があります。
この日記を読んでいる、皆さんも、霊能を実感として体感してみてください。

今日は、念写について。
僕は、漫画家ですので、背景用に、風景写真をデジタルカメラでよく撮影します。
若い時には、写真はあまり撮影をしない
いや、全くしないタイプの少年でした。
初めて、デジタルカメラを購入したのは
17年ほど昔になります。
写真屋さんに、現像に出さなくても
自分一人で、撮影の後が自室の中だけで済むので
喜んで、数万円のデジタルカメラを一人で内緒でこっそりと購入しました。
家族に内緒で何度も、風景写真を撮影したことを覚えています。
(現在では、同居している家族はおりません。単身赴任マンションです)
自家用車を駆り出し、山や川に行くわけです。
小さな小さな、手のひらに収まるほどのカメラですが
僕の心を満たしました。

満足しました。
美しい、山の風景や、流れる川の滔々とした風景。
美しい。実に美しい。

さて。自宅に戻り数日してから
自室のデスクトップパソコンで、画像の保管と整理をするべく
カメラから、パソコンに画像をデータ転送しました。
当時のデジカメでは、カメラ単体では
画像を見ることができない、本当に単機能カメラです。

一つ一つ、画像を開きます。

トリミングは完璧でした。
僕は、美術科に進学し、勉学と実技をしただけあって
撮影した時から、実に美しい構図。
錯覚でなければ、風景画に値するトリミングだと思います。

当時、すでに、Photoshopという写真レタッチ用ソフトを
持っていたので、レタッチとかで
少し明るめにしよう。
そう思い、画像を一つ一つ丁寧に見ました。

あれ?

なぜ、こんなところに、こんなものが写って。
恐るべきものが、写っていました。

霊査の結果、僕は、恐るべき霊能戦に
出陣することに決まりました。

写っていたものは、世界的に有名な漫画家の作品のフルカラーカット。
逆さまに、壁に、映写したように写っていました。

山が、草が、燃えています。
赤い炎が、地を這うように、包んでいました。

僕は、画像を削除し。
なかったことにしました。

このたくさんの画像は、僕が霊能で
念写したものと判断しました。

僕は、なかったことにしたんです。
全てを。

漫画は、とても、愛されるべき存在だと思います。


(漫画家伊勢むくの日記は、自宅の自室のデスクトップパソコンから)