読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixiみんなの日記『伊勢むくの日記』(イラストレーター)

第81回郵政永年功労表彰受賞記念ロングホームページ mixiみんなの日記『伊勢むくの日記』(霊能力者)からの転載になります!(国家資格博物館学芸員取得中確定)

mixiみんなの日記 伊勢むくの日記(7/31)苺アイスクリーム

f:id:mukuise37:20160801000352p:plain

 

程よい眠気に襲われながら、「デザートの沢山描ける」漫画作画を考えている
漫画家の伊勢むく本人です。

昨日、仏教関係と思われる呪い(呪術)を全て外し、
神道の祀りと整えを終わらせたのですが、どうだろうか。
昨日の日記で「孀婦」と記載したところ
「配達案山子」ではなかろうか。そう言ったお言葉をいただきました。
孀婦に襲われるのは、総務部のイケメン故、君の場合は、配達案山子ではなかろうか。
そういただきました。
つまり、通常職場内であると、集配部を襲う孀婦の軍団が、
君の得意分野の配達員を襲って、すり抜けてきているようである。
僕の得意分野は、教育学部故、学校教員と思われる。
しかしながら、学位取得前に妻帯する若造がいない。
そうすると、学位が取得できない古い時代の年寄りの学校教員。
もしくは、大学校教員の可能性がある。修士ね。
心当たりが数人いたが、のどかな顔立ちを思い出し、ちょっと考えにくいと至った。
最近、孀婦の軍団に襲われている記載を2ちゃんねるで見るが、でかすぎて
その人ではないと思う。三重県でも知られています。
(音楽ね)

神道では、配達員くらいなのか

そう思って、忘れることにした。
家で、配達案山子を僕にかける人材を考えたが、二人しかいない。
しかしながら、呪術だと、呪殺しないと経歴がもらえないんじゃないか。
いくらなんでもやりすぎだと思う。
親父とお袋のかけた呪術を生き残った僕であるが、今回はちょっと長いな。
18歳と、32歳の時である。
今回は、35歳から9年間続いている。
僕も符をはったので、もう直ぐ終わる。終わる。
2008年に、呪術を破ったので、訃報が出るまで待てだが
随分と出ている。訃報が。
終わりが、終わりが。
教育学部で訃報が二件でないと終わらないのだ。
終わる。終わる。

あとは、漫画作品を描くだけで、様々な事柄が現実化していくはず。
表彰は、あっという間にかなった。
これでは誰でも、ラーメン食べている小池さんでラーメンを食べる。

漫画に描いたから、呑気な顔で優しいままなのだ。
このまま作品を書き続けよう。
僕は、郵政で三人術を破った。管理者だった。
家ではないので、亡くなるのは職員生命。
今回はなんとか生き残ったようだ。
郵便認証司の任命番号は、僕のが優秀だった。漫画抜きで勝った。
職場の神道よりも、家の神道の方が高かった。
たぶん今回も助かったのだ。僕は生き残ったと思う。

念のため、仏教でかけられていると思う、案山子を全て僕から外しておいた。
これでもう、面と向かって会っても、僕だと気がつかないのだ。
(2008年まで、着ぐるみみたいに、他人の印象をかけられていたのだ)
案山子に別のデータをめちゃめちゃつけて、術士に無理に着せておきました。
もう、着せ替えできないから、一生そのまま生活しろ。
呪殺だと、死ぬだろう。
本人、漫画が描けないから、漫画家雇用で、例の孀婦どもを呼んだのだ。
僕は、漫画を描いて僕の夢を全て叶えることにした。
僕にとって、漫画を描くことは大切な、そう、とても大切なお仕事なのだ。
思うことで全てが叶う。描くことで叶えよう。

死にたくない一心で、必死に仏壇から送っているんだよね。
死ね。

(漫画家伊勢むくの日記は、霊界通信から)